appli02_yellow

金融危機に備える資産防衛法 ポイント

  • 世界的な経済混乱が起こった時でも生き残るための資産防衛法が学べる
  • 億単位の資産の運用法がわかる
  • 仮想通貨は詐欺やマネーゲームの一種という考え方は誤り

金融危機に備える資産防衛法 検証

米中貿易戦争をはじめとして、アメリカを中心に経済混乱が起こる前兆とも言える
状況が立て続けに起こっています。

それ以前も、リーマンショックやサブプライムショック、さらにギリシャショック
やイギリスのEU離脱、アジア経済危機など、世界各地でさまざまな経済危機が続出
している状況です。

日本に関しては、バブル崩壊後、1990年代後半から2000年台前半において
金融機関の破綻が続出する状況が起こり、2010年前後には日経平均株価が21
世紀に入ってからの最安値を更新するなどの厳しい状況が続いていました。

最近は安定した状況が続いていますが、世界経済に巻き込まれる形で受けることは
確実ですから、永遠に安泰などというわけにはいきません。

バブル崩壊前であれば、預貯金の利子も十分に高かったために、定期預金に入れる
だけでも十分な資産運用となりましたが、ゼロ金利どころかマイナス金利といった
状況では、何の役にもたちません。

かといって、株やFX、先物などのトレードをすると、大多数のトレーダーが損失を
出して撤退するような状況は変わりませんので、しっかりとトレーニングを積んで
勝ち続けられるようなトレーダーになるか、信頼できる人やシステムなどに資金を
任せるしかないといったところでしょうか。

ファイナンシャルプランナーで投資家の鹿子木健さんは、今の時代で資産を増やす
ためには「資産防衛」を身につける必要があると指摘します。

従来から指摘をされ続けていますが、教育現場が拒否し続けていることもあって、
現在でも、マネーリテラシー教育が全くといっていいほど行われていない状況です
から、資産防衛について学べる機会はありません。

社会人向けの金融教育の大半は「教育と称したセールス」ですから、リテラシーが
身につくどころか、かえって変な知識を押し付けられる場合も少なくありません。

そこで、金融機関等との利害関係のない鹿子木さんが、億単位の資産を持つ人々を
相手に行った、資産防衛の基礎から学べるセミナーの模様を収録した映像が役立ち
ます。

それが「金融危機に備える資産防衛法」です。

s-check2-4