appli02_yellow

自由億の会 ポイント

  • 資産10億円以上を目指す仮想通貨の情報交換コミュニティ
  • わずか半年で、全くの初心者11名を「億り人」にした実績
  • 投資妙味のある「ICO銘柄配信」

自由億の会 検証

2018年1月のコインチェック事件以降、ビットコインをはじめとした仮想通貨
バブルは崩壊
したから、こんな「偽通貨」にだまされてはいけないといった風潮が
広がっています。

2018年1月に150万円を超えていたビットコインの価格が同じ年の12月に
40万円を割り込むほどの暴落を見せつけられては、さすがに投資妙味を感じない
人が多いのではないでしょうか?

ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインに関しても、ビットコインと同じ
ように、右肩下がり/左肩上がりの低迷状態が続いています。

バブル景気の崩壊にそっくりといったイメージを持っているかもしれません。

しかし、仮想通貨自体が偽札などと同じといった一部の意見に反するように、国内
法整備で、いわゆる「仮想通貨法」(資金決済法の改正部分)が定められ、合法的
なもの
だとして日本国に認められています。

このため、従来のようなバイ・アンド・ホールドで一攫千金を狙うのは難しいのは
確かですが、仮想通貨は詐欺だから絶対に駄目というものでもありません。

仮想通貨情報交換コミュニティ「自由億の会」代表の関根義光さんは、これまでに
投資初心者11名を「億り人」にすることに成功した
といったら驚くのではないで
しょうか?

自由億の会では金融資産10億円を目指して、日々情報交換が行われています。

「億り人」といっても、ビットコインバブル崩壊前に荒稼ぎしただけではないのか
と疑うかもしれませんが、最適な時期を選んでトレードをするのも一つのポイント
であることは間違いないとしても、ICO案件で稼いだというのも大きいです。

ICOは、株式の新規上場と同じように投資が成功すれば大儲けができる一方、全く
成果を出せずに倒産する企業もあったりとさまざまです。

自由億の会では、独自の情報網をもとにインサイダー情報も入手しながら投資妙味
のあるICO案件
を参加者に情報展開しています。

株式などであれば、インサイダー情報を元に取引すると金融商品取引法違反で逮捕
されますが、仮想通貨の場合は対象外となっています。

いずれは金融商品取引法の罰則対象に仮想通貨も含まれるかもしれませんが、現在
はインサイダー取引は合法なため、ある意味「やりたい放題」の状況です。

せっかくのチャンスを生かさないのは勿体ありません。
ICO案件の90%以上は詐欺ですから、自己防衛という観点からも必要です。

自由億の会では、ICO案件の紹介以外にも、

  • 仮想通貨初心者向けコンテンツ
  • ビットコイン/主要アルトコインの売買タイミング

といった情報も手に入ります。

ビットコインFXをする際にも役立ちますね。

s-check2-4