appli02_yellow

ピム ポイント

  • 付属のExcelツールで相関関係の高い通貨ペアを見つける
  • ペアトレード(サヤ取りトレード)を繰り返す
  • 作業量が多いために辛く感じるかも

ピム 検証

ピムを使うメリットとしてまとめられているのは、

  • 安全性が最も高い投資手法
  • 心理的な負担が一切無い
  • 損切りしなくて良い
  • 相場の見通しを考える必要がない
  • 専門知識は一切必要ない
  • レバレッジを効かせられる
  • 投資対象は多すぎず少なすぎず
  • 24時間制の取引時間

ですが、これだけだと胡散臭さしか感じませんよね。

一般的な言葉でいうと、ペアトレードやサヤ取り、裁定取引、アービトラージなど
と言われるトレード手法ですが、2種類の通貨ペアの差額だけを気にすれば良く、
相場の上昇や下落を気にする必要がなくなる
という点はメリットです。

しかし、ペアトレードは資金効率が悪いとか、膨大な情報収集が必要になるために
面倒くさいので続けられないといった問題点も指摘されています。

もちろん、資金効率が良くても、その分だけリスクが高まるのは嬉しくないという
人にとっては、ペアトレードを選ぶ理由としては十分ですし、チャートを常時監視
しなくても済むため、忙しい人でも実践しやすいという点もあげられます。

ピムでは、相関関係のある通貨ペアの組み合わせを探すためのデータ検証を簡略化
するためのExcelツールがついていますが、作業量は少なくなっているとはいって
も、それなりに手間と時間はかかります。

ペアトレードは損切りしなくて良いというのは、理論上は正しいとしても、現実的
には難しい部分はあるため、損切りは必要と考えておいたほうがいいでしょう。

また、エントリー/クローズのタイミングは、完全に裁量判断となります。
Excelツールを参考にして決めるといいですが、誰がやっても同じ結果にならない
ことから、注意が必要です。

s-check2-4