appli02_yellow

ミリオントレーディングクラブ ポイント

  • ファンダメンタルやテクニカルは一切使用しない
  • 将来の値動きを予想しないことを前提
  • 含み益が出れば即座に利益確定
  • 含み損が出れば計画的なナンピンを実施
  • 1日平均6%の利益を達成

ミリオントレーディングクラブ 検証

一般的には、ナンピンやマーチンゲールは自滅することが確実だから絶対にやって
はいけない
と言われています。

その理由は簡単で、ナンピンを続けている間に含み損が雪だるま式に膨らむリスク
がゼロではないためです。

1回の失敗で資金をすべて失うどころか、多額の借金を背負うケースも珍しくあり
ませんし、これまでに数多くの人たちがナンピンで人生を狂わせています。

ナンピンの成功率は100%ではないため、1回の失敗だけで確実に破綻すること
がわかっていれば、最初からしないほうがいいというシンプルな発想です。

その一方で、ナンピンを駆使して稼ぎ続ける人がいるのも事実です。

生まれてから1回たりとも何品に失敗していないとは、よほど運がいい人なのかと
思うかもしれませんが、当然ながら、その人達もナンピンに失敗して損失を出した
経験はあります。

ナンピンで人生が狂った人達と比べて何が違うのかというと、計画性の有無です。

ダラダラと何も考えずに含み損が増えてきたからナンピンを繰り返すのではなく、
トレード前に何回ナンピンを行なって、最大損失額に達したら損切りすると事前に
トレード計画を考えた上で、実際のトレードに取り組んでいます。

目先の為替相場の値動きを考える必要がありませんし、含み益が出れば利確、含み
損が出れば機械的にナンピンを指定回数まで増やしていき、それでも利益が出ない
場合は損切りするという繰り返しです。

このトレード計画の出来が良ければ、ナンピンで資産を増やし続けることが可能に
なります。

佐藤洋さんは、ナンピンを駆使することで毎日6%前後の利益をだしていますが、

  • 細かくナンピンして「建玉平均額」を利確しやすく操作する「建玉分割」
  • 「含み益」になった「瞬間」に利確していく「最短の利確」
  • 含み損が出ても「リバウンド」で戻ってくる確率が高い「タイミング」

をすべて満たすことで実現しています。

これらは、テクニカルやファンダメンタルに頼ることなく実現しています。

この佐藤さんが実践しているトレード手法をまとめたのがミリオントレーディング
クラブ
です。

机上の空論ではなく、どのような相場状況であっても実践できる普遍的な手法です。

s-check2-4