appli02_yellow

節税&資産構築マニュアル ポイント

  • 脱税と節税は違う
  • 兼業サラリーマンは無駄な納税をしているおそれ
  • 確定申告をするだけで納税額が激減する可能性が高まる
  • 公認会計士が監修した安心のマニュアル

節税&資産構築マニュアル 検証

特にサラリーマンは源泉徴収されるために、納税を意識するのはレシートに記載
されている消費税の金額、車にかかわる税金、住宅にかかる税金の支払いという
人が多いのではないでしょうか。

その他は、親などが死んだ時に気になる相続税といったところかもしれません。

また、副業を推奨する企業も増えているため、さまざまなビジネスに取り組む人
も増えています。

この際、稼いでいないからと言って確定申告を一切しない人がいますが、副業で
稼いでいない分を有効活用することで、源泉徴収された所得税や住民税、それに
伴って請求額が決まる健康保険料なども大幅に減らせます。

また、稼いでいてもバレないなどと思って確定申告もせずに放置していると税務
調査がやってくる可能性が高いです。

国税庁のマルサはもちろんのこと、全国の税務署員が怪しい人たちを中心に毎年
約20万件もの税務調査が行われており、高額脱税はもちろんのこと確定申告を
していない人が狙われやすい傾向があります。

その他には、脱税と節税の違いが分からない人が実に多いです。

ある人が節税法と教えていたことが、実は脱税だったというケースは珍しくあり
ませんし、合法的な節税策を声高に脱税などと騒ぎ立てる人たちもいたりと税金
に対して無知な人が多い
のです。

このため、専門家である税理士に頼んでしまうのが手っ取り早いともいえますが
なかなかハードルが高いと感じるかもしれません。

そこで役立つのが「節税&資産構築マニュアル」です。

節税&資産構築マニュアルは公認会計士が監修しており、余分な税金は払わずに
済むようになるだけでなく、税務調査などのリスクを引き下げるなど、トータル
でみると有利な状態を作り出すことができます。

合法的に行える30種類以上の節税策を正しく活用することで、あなたの納税額
を減らせる可能性があります。

住民税の支払いが0の人は節税のしようがありませんが、節税のチャンスがある
人は少なくありません。

s-check2-4