appli02_yellow

トレードの教科書セカンド あや環 ポイント

  • 勝ち組トレーダーの環境認識が身につけられる
  • 水平線/ボリンジャーバンドを活用
  • スキャルからスイングまで使える
  • トレード手法の解説はなし

トレードの教科書セカンド あや環 検証

トレンドに入ったと思ったのにダマシにあって撤退したり、思った方向とは真逆
に動いて損切りしたという経験はありませんか?

もちろん、常勝トレーダーなどと呼ばれる人々も100%必ずトレードで利益を
出しているわけではないため、損切りを行う場合もあります。

トレードスタイルによってはトレード勝率が異常に低いトレーダーもいますが、
それでも利益を出し続けているというのであれば、損切りが早く利益をしっかり
と伸ばして確定させる利大損小を徹底させているからです。

このようなトレードの失敗を減らすのに役立つのが環境認識です。

トレンドが発生していない状況でトレンドを狙ってエントリーしたり、トレンド
途中で早々とポジションをクローズするといった失敗を大幅に減らせます。

環境認識の仕方としては、マルチタイムフレーム分析やダウ理論、プライスアク
ションやインジケータなど、さまざまな方法がありますが、何を使うにしても、
使いこなせなければ意味がありません。

トレードの教科書セカンド あや環は、水平線やボリンジャーバンドをもちいて
環境認識の方法を学べるマニュアルです。

900ページを超えるマニュアルと76本以上の動画で徹底的に学ぶことができ
ます。

添削課題も用意されているため、学んだ環境認識の知識が正しく活用できている
かどうかをチェックできます。

トレードの教科書セカンド あや環はマニュアルを渡して終わりではありません。
サポートも充実しています。

1回1時間のオンラインコンサルを最大2回まで受けられます。

また、トレードの教科書セカンド あや環の環境認識をインジケーター化した
ものも提供しています。

初心者のうちは正解を確認しながら環境認識が行えるため、参考にするといいの
ではないでしょうか。

s-check2-4